あなただけの特別な葬儀にするための重要なポイントとは

内容を把握する

終活といってもただ準備をするのではありません。自分が死んだ後に必要なことや葬儀の進め方など知っておくとタメになる情報は沢山あります。

亡くなった後の行ない

葬儀の日程を組む

病院で亡くなった場合、搬送した後ご安置します。二日目に葬儀社が納棺をし、お通夜をします。葬儀が終了したら次は告別式とこれが一般的な流れとなります。三日目の午後には火葬します。

死亡診断書の作成

ご臨終の後、自分が生前指定していた葬儀社に家族が連絡をします。指定された住所を伝えると、すぐに来てくれます。その時に医師が死亡診断書を書きます。

葬儀社との打ち合わせ

生前段取りを決めているなら、簡単な打ち合わせだけで大丈夫です。ただ、家族の意向で他に追加したいものがあれば、希望に沿うよう葬儀社が動いてくれます。死亡届や火葬許可証の依頼についても、代わりに手続きをするので手間が省けます。

あなただけの特別な葬儀にするための重要なポイントとは

女性

納棺の時の注意点

遺体を清めるために死装束を着せますが、自分が生前よく着ていた服を着たい場合奈良の葬儀社で希望を叶えることができます。ただし、火葬場や葬儀社によって条件が違うので念のため確認をしてくださいね。また、納棺の際に必ず入れてほしいものは、家族へ先に伝えておきましょう。

葬儀にかかるお金

葬儀に必要な費用は、葬儀本体の費用、飲食費、寺院費用の三つです。葬儀自体は、自治体の施設で行なう場合2万円~3万円、民間施設だと20万円が相場です。田舎の場合、家が大きいこともあって斎場費は不要ですが、近年は大きな斎場を指定する方もいらっしゃいます。

焦らずゆっくり進める

高齢でも、体を動かせるほど元気であれば急いで準備することはありません。仮に急いだとしても後で「ああすればよかった」と思うことが多くあるはずです。そうなるなら始めから慎重に準備を進めた方がいいでしょう。

広告募集中